鈴木まりこについて

何度でもやり直せる社会の実現を目指す!鈴木まりこ

学歴
1984年10月4日生まれ日本国籍
1991年 東京武蔵野市立大野田小学校入学
1995年 カナダ公立ジェッシー・リー・エレメンタリースクール編入
1996年 公立ジェッシー・リー・エレメンタリースクール転校
1999年東京町田市立金井中学校編入後2000年卒業
2003年3月 東京都立国際高校国際高校国際学科卒業
2003年8月 アイダホ大学(モスコー)入学
2006年12月 卒業

人生に起きるすべての出来事や出会いを受け入れる!

生年月日:1984年10月生まれ
生後7ヶ月で父の仕事先であるロサンゼルスへ渡り、5歳で日本に帰国。
1991年4月東京武蔵野市立大野田小学校入学。
小学校5年生でカナダBC州サレー市に転居。
公立ジェッシー・リー・エレメンタリースクールに編入も現地で白人による東洋人に対する陰湿ないじめを経験。父親の判断で私立レイ・シェパード・エレメンタリースクールへ転校。
カナダセミアムセカンダリースクール(中学校)進学。
この時に白人主体の東洋人に対するイジメを経験するも韓国人、中国人、台湾人の友人達によって明るく楽しい中学生活を送る。この時の経験で人種差別や思想の差別、差別自体に対して絶対に許さないという信念を持つ。
中学3年生3学期後半にカナダより日本に帰国後、東京町田市立金井中学校に編入し卒業。
東京都立国際高校国際学科に進学後卒業。生徒会長を務める。
アメリカに渡り、当時TOEFL600点台、TOEIC930点台のため、
ストレートにアイダホ大学(モスコー)に進学後約3年で単位取得満了し2006年12月卒業。
2007年、株式会社GABA入社後、
2015年コンサルタントとして独立。
2016年知人からの依頼で第24回参議院議員総選挙東京選挙区から『日本のこころを大切にする党』※現日本のこころより出馬。初めての選挙、全くの無名、知名度のない政党で102,402票を獲得するも落選。
東京都知事選では日本のこころ推薦の増田候補を支持せずに、小池百合子現東京都知事を支援した結果、党より離党勧告を受け離党。
2017年5月、尊敬する田中角栄元総理の一番弟子である小沢一郎代表に直訴して自由党に入党し、次期衆議院議員選挙で公認候補予定者として自由党衆議院京都府第5区総支部長に就任し、現在に至る。
語学は日本語、英語、フランス語










メッセージ

地域の皆様の後押しがあったからこそ、今こうして議員として活動していることを肝に銘じ、市民の1人として声を上げることで疑問や問題を1つ1つ解決していく。この気持ちを忘れずに、より良い暮らしの実現に向け、今後も努力を続けて参ります。

 
自由党 衆議院京都府第5支部
総支部長 鈴木まりこ